ここから本文です

渋谷が“スポーツショップ激戦区”に「ゼビオ」がGAP跡地に出店

9/14(金) 16:04配信

FASHIONSNAP.COM

 全国に170店舗を展開する大型スポーツ専門店「ゼビオ(XEBIO)」が、「スーパースポーツゼビオ 渋谷公園通り店」を9月22日に出店する。場所は、昨年5月に閉店した「ギャップ(GAP)」渋谷店跡地。

【写真】渋谷には「チャンピオン」アジア最大店舗もオープンするなど激戦区化

 「スーパースポーツゼビオ 渋谷公園通り店」は、1階にフットウェア、2階にアパレル、3階にサッカーやバスケットボール、ラケットスポーツ、スイミングなどのスポーツ用品を展開する。ブランド直営店でしか取り扱いのない数量限定モデルの商品構成に力を入れ、オープン時には「ナイキ(NIKE)」のシューズ「ヴェイパーフライ 4% フライニット」や、「アディダス(adidas) 」のシューズ「ウルトラブースト(UltraBOOST)」の販売が決まっている。さらにスーパースポーツゼビオ全店舗の商品を店内の大型モニターで検索し、希望の商品を取り寄せることができる新サービスを導入。また、24時間可動しているロッカー「フルタイムロッカー」が設置され、営業時間外でも商品の受け取りを可能にした。その他、ウェアやシューズを試し履きして実際に走ることができるトレッドミルや、足型を3Dで計測サービス、限定デザインのマーキングなどのコンテンツを用意する。なおオープン当日から10月21日まで「ニューエラ(New Era(R))」がポップアップストアを出店。カスタムキャップ4種を発売予定で、オリジナルワッペン圧着サービスも行う。

 渋谷エリアでは、アディダスや「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」「アトモス(atmos)」なども直営店を展開。2018年に入ってからは「チャンピオン(Champion)」の直営店や、「アシックスタイガー(ASICSTIGER)」のコンセプトストア、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)と「ダンスキン(DANSKIN)」の複合店など、スポーツやアウトドアブランドの出店が加速しており、スポーツショップ激戦区になっている。もともとFIFAワールドカップなど、注目度の高い大会が行われるときにはサポーターが集まる街でもあり、スポーツバーも多く存在。観戦を中心にスポーツカルチャーが定着していた。近年は渋谷でのスポーツイベントや、フィットネス系ジムの展開も多く見られるようになっている。

最終更新:9/14(金) 16:04
FASHIONSNAP.COM

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ