ここから本文です

ヤマハ新型「SR400」排ガス規制に対応し復活 40周年記念限定モデルも市場導入へ

9/14(金) 16:10配信

くるまのニュース

従来のスタイルそのままに復活させたSR、変わらぬ姿はいつまで続くのか!

 ヤマハ発動機は、2017年に生産を終了した「SR400」を従来の乗り味とスタイリングを継承し、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ11月22日より発売します。また「SR」発売40周年を記念した「SR400 40th Anniversary Edition」を数量限定500台で発売します。

復活したヤマハ「SR400」の画像を見る(12枚)

「SR400」は、1978年に発売以来シンプルなスタイリングも相まって高い人気を誇り、熟成と深化を重ねロングセラーモデルとしヤマハの2輪車事業を牽引してきました。

 今回の発売に際しても、従来モデルから引き継がれているビッグシングルエンジンやエンジン始動時に使用するキックペダルなどを継承し採用しています。

 また、音響解析技術を駆使した新しいマフラーは低音と歯切れの良さを向上させ、蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用で、第3次排出ガス規制にも対応し環境にも配慮しています。

「SR400」のカラーリングは、ブラックとメッキの金属感を調和させ、本質的な魅力を表現した「ヤマハブラック(ブラック)」と、リラックス&カジュアルな印象をアピールした「グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」を設定しています。

 40周年記念モデル「SR400 40th Anniversary Edition」は、「ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)」をベースに、職人の手作業でベースの基本色にぼかす『サンバースト塗装』を燃料タンクや真鍮音叉(しんちゅうおんさ)エンブレムに施し、サイドカバーには電気分解した金属を表面に電着させる電鋳(でんちゅう)SRエンブレムなど、素材から塗装まで所有感を満たす装飾とし、「SR」の歴史や世界観が凝縮されたものになっています。

 価格(消費税込)は、「SR400」57万2400円(国内販売計画年間1000台)、「SR400 40th Anniversary Edition」69万1200円(国内500台限定)です。

くるまのニュース編集部

あなたにおすすめの記事