ここから本文です

iPhone XRって「安い」って言っていいの?

9/14(金) 12:13配信

ギズモード・ジャパン

フラッグシップがじりじり値上がっちゃってますからね~。

Apple(アップル)は今回のiPhone発表で、またまたスマートフォンの価格帯を押し上げてきました。特に一番高い「iPhone XS Max」といったら1,100ドル(日本価格12万4800円)から始まり、512GBモデルに至っては1,450ドル(日本価格16万4800円)というラグジュアリーなお値段です。

【記事の全画像】iPhone XRって「安い」って言っていいの?

でも今回、「iPhone XR」なるものも生み出されました。日本価格は8万4800円からと、上位2モデルと比べればはるかに少ない金額です。Apple製品の基準で見ると、iPhone XRを「安い」と言う人もいるかもしれません。

なのでこの記事では、iPhone XRがどれくらいお手頃なのかを、そのスペックとかiPhoneのラインナップから位置づけ、そして他のメーカーも含めたスマホ市場全体の価格の動きとあわせて見ていきます。

iPhoneの中での値ごろ感は?

AppleはiPhone XRの価格を実現するべく、いくつかの妥協をしています。まずiPhone XS/XS Max、そして去年のXとも違い、iPhone XRのディスプレイは有機ELじゃなく液晶です。なので有機ELに比べるとコントラストが若干低く、色もそこまでリッチじゃありません。さらに背面カメラはデュアルじゃなくひとつだけと、スタンダードなiPhone 8と同じです。あとはハプティックフィードバックはあるものの、3D Touchはできません。

でもチップはApple最新のA12 Bionicだし、FaceIDも搭載、スマートHDRのような新しいカメラ機能もあり、バッテリーライフもAppleいわくiPhone 8 Plusより長くなっています。そしてiPhone XRの特徴ともいうべき、ブラックにホワイト、レッド、ブルー、イエロー、コーラルの遊び心あふれるカラバリも忘れちゃいけません。

iPhone XRのスクリーンが6.1インチであることも総合して考えると、iPhone XRに一番近いのは去年出た「iPhone 8 Plus」です。iPhone 8 Plusよりカメラはひとつ少ないですが、スクリーンはもっと大きいし(iPhone 8 Plusは5.5インチ)、バッテリーライフももっと長いし(Appleいわく「最大1.5時間長い」)、CPUはもっとパワフルだし、それでいて価格は8万4800円。2017年に出たiPhone 8 Plusは発売時には日本価格8万9800円だったことを考えると、良い買い物といえるのかもしれません。

現在iPhone 8 Plusの価格は日本価格7万8800円に下がったものの、光学2倍ズームがどうしても必要とかじゃない限り、そこに6,000円足してiPhone XRを買うのは良い選択だと思います。いっぽう、プレーンな「iPhone 8」の価格も日本価格6万7800円にまで下がったので、まともな値段でiPhoneを買いたい人にとってはこっちこそ真のスターなのかもしれません。

1/2ページ