ここから本文です

小児がん患者に再予防接種の助成検討 横浜市、負担軽減へ

9/14(金) 22:41配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜市の林文子市長は14日、小児がんの治療を終えた子どもらを対象に、予防接種を再度受ける際の費用の助成を検討する考えを示した。

 子どもの定期予防接種は予防接種法に基づき、各自治体が実施。対象年齢であれば、B型肝炎など10種類のワクチンを、無料で接種できる。

 一方、小児がん患者は骨髄移植といった治療の過程で、予防接種を受けて得られた免疫を失ってしまうケースがある。再接種に対する市の助成は現段階ではなく、最高約15万円の費用は自己負担になっている。

 市長は「再接種は子どもの健康のためにも大切なこと」と説明。「今後、対象年齢を超えた場合の効果など、課題を把握した上で(費用の助成を)検討していく」と述べた。

 同日開かれた市会本会議で、尾崎太氏(公明)の質問に答えた。

あなたにおすすめの記事