ここから本文です

ヤクルト小川監督「青木が仕留めてくれた」3連勝

9/14(金) 22:44配信

日刊スポーツ

<阪神0-4ヤクルト>◇14日◇甲子園

ヤクルトが引き分けを挟んでの3連勝で、貯金を2に増やした。

先発原樹理投手が8回2安打無失点と好投。打線も初回にバレンティンの先制適時打以降は好機を生かせなかったが、6回に原と青木の適時打で3点を加えて逃げ切りに成功した。

小川淳司監督は「原は良かった。緩急をよく使えた。ナイスピッチング。1点を取った後はチャンスをつくりながらも(無得点で)嫌な流れだったが、青木が一発で仕留めてくれた。あの点は大きかった」と振り返った。

クライマックス・シリーズ(CS)進出を争う3位巨人とは4ゲーム差、4位阪神とは5・5ゲーム差をつけた。CS進出に1歩前進したが、指揮官は「この前も貯金2にいってすぐにマイナスになった。増やすために1戦1戦戦うことに変わりはない。明日、切り替えて戦うだけ」と引き締めた。

最終更新:9/15(土) 14:57
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報