ここから本文です

チケット、現金持たずサッカー観戦、11月実証実験

9/14(金) 23:45配信

日刊スポーツ

サッカースタジアムへの来場者全員がチケットや現金を持たずにサッカー観戦を楽しめる時代が近づいている。

日本最大級のチケット販売サイト「チケットぴあ」などを運営する、ぴあ株式会社と、J1ガンバ大阪の親会社であるパナソニック株式会社が14日、スタジアムでのチケット確認や飲食店舗での支払いを電子化するサービスを提案し、11月24日のガンバ大阪-V・ファーレン長崎戦(パナソニックスタジアム吹田で行う)で実証実験を行うことを発表した。

実験では、試合に観戦に訪れるホーム側の全ての来場者が電子化されたチケットで入場するほか、非接触ICプリペイド決済サービスによるグッズや飲食の支払いなどのアクションを促進し、省人化による運営負担の軽減や、レジ効率、混雑緩和の検証などを行う。

ぴあによると、現在、ガンバ大阪では約57%の来場者が紙チケットで入場し、運営スタッフが目視でチケットを確認し、一時退場の際は再入場スタンプを押すなどして管理している。チケットの電子化による省人化で運営負担の軽減を検証する。

また、スタジアム内のグッズ、飲食店舗はすでにキャッシュレス対応しているが、その利用率は10~20%程度にとどまっているといい、さらなる利用の促進を目指す。人為的作業を減らすことで、運営側の業務改善や来場者サービスの向上を狙い、得られたデータなども分析しながら来場者が施設を快適に楽しく利用できる環境を整えていくという。

最終更新:9/15(土) 21:30
日刊スポーツ