ここから本文です

「ありがとう」…山田孝之×菅田将暉「dele」最終回に“感謝”

9/15(土) 10:00配信

cinemacafe.net

人気ベストセラー作家の本多孝好が山田孝之と菅田将暉の2人にあてがきしたキャラクターを軸に“デジタル遺品”を巡る人間ドラマを描いた「dele」。本作のファイナルを飾る第8話が9月14日に放送され、SNSではそのラストに感動した視聴者の声が溢れている。

【写真】主演の山田孝之

「ストレイヤーズ・クロニクル」「真夜中の五分前」「at Home」などで知られる本多さんによるオリジナルストーリーとなる本作。

依頼人の死後に遺留データを内密に消す会社「dele. LIFE」を立ち上げた坂上圭司を山田さんが、彼の仕事を手伝うようになる真柴祐太郎を菅田さんが、2人を引き合わせた坂上の姉の弁護士・舞を麻生久美子がそれぞれ演じるほか、毎話出演した豪華ゲストも話題となった。

これまでの物語で祐太郎の妹が亡くなったことは明かされていたが、最終回ではその“真実”に迫ることに。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
死亡確認を取ろうとした依頼者が辰巳仁志(大塚明夫)だと知った祐太郎は突然表情を変える。祐太郎の妹は9年前、新薬の治験で亡くなり、その真実を突き止めようとした家族はネットで誹謗中傷にさらされたのだが、その際の入院先の弁護士が辰巳だったのだ。遺された音声データには辰巳が大物政治家・仲村毅(麿赤兒)と、祐太郎の妹の死の真相に関する会話が録音されていた。さらに「dele. LIFE」にクラッキングが仕掛けられる。

真実を暴こうとする祐太郎は無謀にもクラッキング先の会社に乗り込み、わざと警察沙汰にするが相手にされない。さらに「dele. LIFE」に仲村の手の者が現れ圭司は気絶、パソコンなども破壊されてしまう。

ここまでかと思われたが、実は圭司の父も仲村の依頼で“黒い仕事”に手を染めており、圭司は父の死後そのデータを保管していた。そして辰巳の葬式に乗り込んだ2人は仲村の悪行を暴く…というのが最終回のストーリー。

これまで決してハッピーエンドばかりではなかった本作だけに、視聴者からは「ほんわりハッピーエンドがとてつもなく嬉しい」「とにかくハッピーエンドで良かった」「考え得る中で最高のハッピーエンドありがとう」などの声が殺到中。

また「山田孝之と菅田将暉の演技合戦がとにかく最高だった」「菅田くんの自由な演技と山田くんの抑えた演技のハマり具合が素晴らしいドラマだった」「演技力に目ん玉飛び出るかと思った」など、改めて主演の2人への賛辞もSNSに続々投稿され続けている。

最終更新:9/15(土) 10:00
cinemacafe.net