ここから本文です

<ベガルタ>きょうF東京戦 ホーム3連勝の勢いぶつける

9/15(土) 9:45配信

河北新報

 J1仙台は15日、仙台市のユアスタ仙台でリーグ戦第26節のホームFC東京戦に臨む。午後2時の開始。13日は同所で実戦形式の練習を行い、14日は同市の紫山サッカー場で冒頭15分のみ報道陣に公開して最終調整した。ホームで3連勝中の勢いを上位にぶつけたい。

【写真】<ベガルタ>板倉フル回転 U-21日本代表で奮闘「球際の激しさ見せる」

 仙台は前節終了時点で、11勝5分け9敗の勝ち点38の6位。J1残留の可能性が高まり、上位争いができる位置に付ける。チームトップの11点を挙げたFW西村のCSKAモスクワ(ロシア)への移籍に伴い、元仙台のFWハモンロペスを緊急補強した。

 FC東京は12勝6分け7敗の勝ち点42の3位。ここ5戦は3連敗、2引き分けと白星を逃しているが、リーグで3番目に少ない1試合平均失点が0.92と手堅く、FWディエゴオリベイラもリーグ3位の12得点と決定力が高い。

 通算成績は仙台の6勝2分け11敗。

◎前回の対戦/アウェーで初勝利

仙台 1 0-0 0 FC東京

     1-0

 仙台が後半に奪った1点を守って開幕2連勝。1分け8敗と苦手にしたアウェーでのFC東京戦で、初勝利を飾った。

 前半は高萩(いわき市出身)をトップ下に置いた相手の布陣変更に戸惑ったが、石原、阿部の2トップによるプレッシャーなど守備を修正して持ち直した。決勝点は後半12分、阿部の右クロスを永戸が折り返し、石原が右足でボレーを合わせた。シュート数は6本と相手の11本の半数程度だったが、少ない好機を生かした。(3月3日、第2節、アウェー)

最終更新:9/15(土) 18:01
河北新報