ここから本文です

上原彩子と横峯さくらはそろって予選落ち 気になるのはアジアシリーズ出場可否

9/15(土) 9:32配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<エビアン選手権 2日目◇14日◇エビアン・リゾートGC(6523ヤード・パー71)>

【写真】国内女子ツアーは伊勢湾から生写真を配信中

今季最後のメジャーの舞台を2日間で去ることになった上原彩子と横峯さくら。米国女子ツアーは次戦以降、舞台をアジアシリーズへと移すなか、出場人数が絞られる大会が多いため、悔いの残る予選落ちとなってしまった。

トータル5オーバー・84位タイに終わった上原。「ショットは良かったですが、パットに苦戦した感じです。今日は全然入らなかった。結果を受け止めて、アジアシリーズはどうなるか分かりませんが、出られる試合に出たい。残念の一言しかない」と、悔しさをあらわにした。

一方の横峯は初日の出遅れが響き、トータル8オーバー・103位タイでの予選敗退。「ショットが左に行っていて、修正できなかった。やるべきことができていない。一からやり直さないといけない。アジアは出られるところで頑張りたい」と、こちらも出場可能な試合を見ながらアジア転戦をすることになりそうだ。

現在の賞金ランキングは上原が58位。横峯は同65位。来年のシードはほぼ確実なところだが、シーズン終盤に向けて調子を上げたいなかで課題の残る1戦となってしまったことを振り返り、反省の言葉が口をつく。畑岡奈紗に続く日本勢の爆発を期待したいところだ。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>