ここから本文です

〔火山〕吾妻山 噴火警戒レベル「2」に引き上げ 小規模噴火の可能性(9/15)

9/15(土) 13:20配信

レスキューナウニュース

15日13:00、仙台管区気象台は、山形・福島両県にまたがる吾妻山の噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)に引き上げました。

同気象台によると、吾妻山ではきょう15日09:13頃に火山性微動が発生したほか、大穴火口の東南東約1kmに設置している浄土平観測点の傾斜計で、西北西(大穴火口方向)上がりの傾斜変動が継続していることなどから、吾妻山では小規模な噴火が発生する可能性があるとして、15日13:00に噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)に引き上げました。同気象台では、大穴火口から概ね1.5kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

■対象市町村
福島県:福島市、猪苗代町

<噴火警戒レベルの説明>
・レベル5(避難):危険な居住地域からの避難等が必要。
・レベル4(避難準備):警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮者の避難等が必要。
・レベル3(入山規制):登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。
・レベル2(火口周辺規制):火口周辺への立入規制等。
・レベル1(活火山であることに留意):状況に応じて火口内への立入規制等。

レスキューナウ