ここから本文です

<ツール・ド・東北>きょう開幕 2日間で4000人が出場

9/15(土) 10:19配信

河北新報

 東日本大震災からの復興を支援する自転車イベント「ツール・ド・東北2018」(河北新報社、ヤフー主催)が15、16の両日、宮城県沿岸部で開かれる。6回目の今回は2日間で約4000人が出場する。

【写真】<ツール・ド・東北>「弱虫ペダル」東北を快走 コラボポスター、都心や仙台駅に掲示へ

 発着点の石巻専修大(石巻市)では14日、会場設営が急ピッチで進められた。東北の食を楽しめる飲食ブースが設置され、駐輪用ラックや出場者の宿泊用テントなどが運び込まれた。

 初日の15日は新設の「仙台発グループライド&クルージング」(60キロ)、起伏の激しい「牡鹿半島チャレンジグループライド」(100キロ)、東松島市を巡る「奥松島グループライド&ハイキング」(70キロ)の3コースに計500人が参加を予定している。

 2日目の16日は石巻を発着する4コース(65~210キロ)と、石巻を目指して気仙沼市、南三陸町をスタートする2コース(100キロ、50キロ)が行われる。

最終更新:9/15(土) 18:01
河北新報

あわせて読みたい