ここから本文です

【豪・マカイビーディーヴァS】移籍初戦トーセンバジルは11着、D.オリヴァー騎乗のグラントが優勝/海外競馬レース結果

9/15(土) 16:43配信

netkeiba.com

 15日、オーストラリアのフレミントン競馬場で行われたマカイビーディーヴァS(G1・芝1600m・1着賞金45万豪ドル=約3606万円)は、道中5番手から進んだグラント(牡4、D.オリヴァー騎手)が、最後の直線で力強い末脚を伸ばして優勝。今年のオーストラリアンギニーズに続くG1・2勝目をあげた。

 2馬身差の2着にはキングスウィルドリーム(セン4、J.アレン騎手)、さらに1/2馬身差の3着にはジョンスノウ(牡5、S.バスター騎手)が入った。

 1番人気のケメンタリ(牡4、C.ウィリアムズ騎手)は4着。コーフィールドCとメルボルンCでトップハンデ58kgと発表されているヒュミドール(セン6、D.レーン騎手)は7着に敗れている。

 また、このレースには今回が日本からの移籍初戦となるトーセンバジル(牡6、J.チャイルズ騎手)も出走。道中は中団後方から進み、最後の直線での末脚に賭けたが伸びを欠いて、12頭立ての11着に敗れた。

最終更新:9/15(土) 16:43
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ