ここから本文です

館林で風疹患者 今年県内2人目

9/16(日) 7:55配信

産経新聞

 県は15日、40代の男性が風疹に感染したと発表した。県内で確認された風疹患者は今年2人目。

 男性は9月7日に発熱や発疹の症状で館林保健所管内の医療機関を受診し、14日に遺伝子検査で陽性と判明した。

 県によると、今年は風疹が首都圏を中心に流行し、全国の患者数は496人(今月9日時点)で昨年1年間の5倍を超えている。

 県は「風疹を疑う症状が出たら他の人にうつさないよう、医療機関に電話をしてから受診してほしい」と呼びかけている。

最終更新:9/16(日) 7:55
産経新聞