ここから本文です

姉弟子に続け!ルーキー林菜乃子がステップ初優勝へ単独首位浮上

9/15(土) 18:35配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<山陽新聞レディースカップ 2日目◇15日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,380ヤード・パー72)>

林菜乃子らルーキーもドレス姿を披露!「山陽新聞レディースカップ」前夜祭フォトギャラリー

国内女子ステップ・アップ・ツアー「山陽新聞レディースカップ」2日目。初日6アンダー・2位タイからスタートしたルーキーの林菜乃子が、6バーディ・1ボギー「67」と5つスコアを伸ばして、トータル11アンダー・単独首位に浮上。ステップ初優勝に王手をかけた。

「目の前の1打を冷静にジャッジできるか、自分を客観視して、何かが悪かったを考えて、次の1打を打つことだけでした」と振り返った林。前半は2つスコアを伸ばして迎えた9番で50センチのパットを外してボギーとしたが、「私の実力的にはミスは出るのは仕方ない。『いいゴルフができている』と考えることができました」と引きずることなく、後半は4バーディ・ノーボギー。終盤17番パー3では、ティショットをバンカーに入れるも、1メートル以内に寄せる見事なリカバリーで唯一のピンチをしのいだ。

「内容は初日のほうがよかったです。1打1打を整理すると、手打ちになっていた部分もあり『またミスをしたな~』と思ってプレーしていて、バーディ数は全然気にしていなかった」と、高い集中力を保てたことで、初の最終日最終組を勝ち取った。

昨夏から指導を仰ぐ芹澤信雄からは「どんな試合のどんな順位で戦っていても、目の前の1打を大切にして、諦めないことを教わりました」と苦しい場面でも耐えるメンタリティを学んだ。またこの試合は姉弟子の西山ゆかりが2013年大会を制している。「最終日は思い切ってやるだけ。緊張したなかで、芹澤さんから教えていただいていることができるかは未知。何度いいショットを打てるか、それが楽しみです。ゆかりさんが勝っている大会。過去の優勝ボードの写真を撮りました(笑)。私もこの大会で勝ちたいです」。姉弟子がステップアップのキッカケをつかんだ地。もちろん目指すはチーム芹澤2勝目だ。(文・標英俊)

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>