ここから本文です

首位・広島は足踏み…城福監督は取りこぼしを悔やむ「最大でも勝ち点1をとりたかった」

9/15(土) 19:18配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第26節が15日に行われ、首位のサンフレッチェ広島はサガン鳥栖に0-1で敗れた。城福浩監督が試合後のフラッシュインタビューに応じた。

試合はスコアレスで折り返した後半、広島はパトリックに決定機が何度も訪れたが、決めきることができず。一方でセットプレーから鳥栖に先制点を許し、その後の反撃も及ばず。0-1で敗れ、3試合ぶりの黒星を喫した。

城福監督は「本当に球際が激しいゲームだった。勝ち点3を、最大でも勝ち点1を取りたかったのですが残念です」と悔しさを滲ませた。

リーグ最少失点を誇る守備陣も、この試合ではセットプレーで痛恨の失点。指揮官は「反省しないといけない」と課題修正を掲げた。

「毎試合勝っても負けても課題と成果は抽出しているので、FKでやられたっていうのはセットプレーで今年我々はやられていなかったので、反省しないといけない。もう少し攻撃のところのリズムは作りたい」

「本当に1試合1試合積み上げてきているチームなので、それをしっかり練習場でやってピッチでしっかり表現できたらと思います」

広島は次節、22日にホームでFC東京との上位対決に望む。

GOAL

最終更新:9/15(土) 19:19
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合