ここから本文です

<若おかみは小学生!>高坂希太郎監督が舌を巻いた小林星蘭の演技 美しい映像のこだわりも

9/16(日) 7:30配信

まんたんウェブ

 令丈ヒロ子さんの人気児童文学が原作の劇場版アニメ「若おかみは小学生!」が21日公開される。テレビ東京ほかでテレビアニメも放送中の人気作。劇場版は、2003年公開の「茄子 アンダルシアの夏」以来、約15年ぶりに劇場版アニメを手がける高坂希太郎さんが監督を務める。テレビアニメ版から引き続き、「カルピス」のCMなどで人気子役として活躍する13歳の小林星蘭さんが、主人公の関織子(おっこ)の声優を担当する。高坂監督と小林さんに劇場版の見どころ、演技などについて聞いた。

【写真特集】美しく成長した小林星蘭さん 感動、美しい劇場版「若おかみ」の先行カットも

 ◇一人の少女の成長を描く 表情を豊かに

 「若おかみは小学生!」は、青い鳥文庫(講談社)から出版され、累計発行部数300万部を誇る児童文学。交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館・春の屋で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わった客をもてなすために毎日奮闘する姿が描かれている。

 高坂監督が劇場版で描こうとしたのは「一人の少女の成長」だった。「映画は時間の制限もあるので、せりふをなるべく削り、表情や動きを見せることで、物語を展開させていく。アニメーションは動いてなんぼのところもありますし」と映像を作り上げた。

 劇場版のおっこは表情豊かで、悲しんだり、喜んだり、言葉では表現が難しいような感情も表情で見せる。小林さんは演技について「元気で前向きだけでなく、落ち込んだり、立ち止まることがある。悲しいのか?苦しいのか?と複雑な感情もありました。表情の変化が細かいので、そこを意識しました」と語る。

 ◇自分を押し殺すような演技

 小林さんは収録前、高坂監督や音響監督の三間雅文さんから演技について「自分を押し殺すようなイメージで」と説明があった。高坂監督は「接客業なので自分らしさを出し過ぎたら成り立たない。成長過程で自分の感情をコントロールしていくところを表現したい」と考えたという。

1/2ページ

最終更新:9/16(日) 7:30
まんたんウェブ

あなたにおすすめの記事