ここから本文です

【ヤクルト】樹理8回0封&適時打!5勝「ピンチを作らないよう心掛けました」

9/15(土) 7:02配信

スポーツ報知

◆阪神0―4ヤクルト(14日・甲子園)

 覚醒した。好投してもなかなか白星に恵まれなかった原の才能に、ついに勝ち運が味方した。8回まで二塁を踏ませず、2安打無失点、無四球の快投。中盤からの強い雨でグラウンドコンディションが悪くても、乱れることなく5勝目をマークした。

 「良かった。ピンチになると押されてしまうので、ピンチを作らないよう心掛けました」。天候のせいかシュートがいつもより動き、スライダーとともに効果的に決まった。打っても1点リードの6回2死一、二塁から左前適時打。バットで自らを援護した。

 8月末に下半身のコンディション不良で登録を外れたが、登板を1度飛ばしてきっちり状態を上げてきた。チームは引き分けを挟んで3連勝で貯金2。3位巨人とのゲーム差を4に広げた。次回は22日の巨人戦(東京D)。「あと少し。力を振り絞って投げたい」。かつてはもろさを感じさせたエース候補が、実りの秋を迎えている。(田島 正登)

最終更新:9/16(日) 21:30
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(土) 9:55