ここから本文です

アリカワコウヘイさん15周年記念展 世代超え楽しめる作品

9/15(土) 14:59配信

琉球新報

 クレパスで描く絵が特徴的な美術作家アリカワコウヘイさんの15周年記念展が14日から、西原町東崎のムーンテラス東崎sairaiin音楽堂で開かれている。30日まで。入場料大人500円。65歳以上と高校生以下は無料。

 「世界一家族で行きたい展覧会を目指している」と話すアリカワさん。赤ちゃんから高齢者まで、世代を超えて楽しめるよう、会場内は複数の部屋に区分けされ、それぞれテーマに沿った作品が展示されている。

 初公開となる銅版画やシルクスクリーンの技法を取り入れた作品、フランスのプールアートフェアでの招待作品「ウェバリングフラワーズ」など、これまでの「ハッピー」を前面に出した作品とは異なる新たな一面を見せる作品もある。「次の5年に向けて、今までのイメージを払拭(ふっしょく)して再スタートしたい」と語った。

 娘2人と来場した下門菜々瀬さん(34)=中城村=は「一瞬で癒やされる。色使いも元気になる作品です」と語った。

 画家活動15年を記念して、小学生以下の子どもたちには冊数限定でオリジナル絵本を、大人にはうちわを先着順にプレゼントしている。午前11時から午後7時まで。

琉球新報社

最終更新:9/15(土) 14:59
琉球新報