ここから本文です

【マンシングウェアレディース東海C】香妻ダイエット効果で首位発進

9/15(土) 13:10配信

東スポWeb

 国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」初日(14日、愛知・新南愛知CC美浜C=パー72)、ダイエット中の香妻琴乃(26=サマンサタバサ)が66をマーク、鈴木愛(24=セールスフォース)と並び、6アンダーで首位に立った。

 香妻の体重増はもともと計画的なものだった。2年前に腰痛対策で筋力アップを図り、さらに夏バテによるやせ過ぎを防ぐために意識して増やしたが、結果的には「食べ過ぎました」。美人プロとして容姿にも注目が集まる存在だけに、ネット上でもこれが大きな話題に。周囲に直接、言われることも多かったようで「『太った?』と聞かれて『はい、太りました』って返すのが面倒でした。『髪切った?』だって面倒くさいのに…。見れば分かんだろって(笑い)」。

 そんなストレスに加えて今夏の猛暑で「汗もかくし、暑いんで絞ったほうがいいかな」と7月末にダイエットを開始。夜はとんかつなどの揚げ物や大好きなラーメンを避け、5キロのジョギングを日課にした。一時は63キロまで増えた体重は現在58キロ。理想とする53~54キロに着実に近づいている。

「涼しくなったので楽になったかは分からないし、飛距離が落ちたということもない。変わったのは見た目だけかな」とプレーへの影響は否定したが、8月以降、2度のトップ10入り。ダイエット開始とともに成績は上向きだ。

 今夏は男子ツアーで幼なじみの出水田大二郎(25=TOSS)が初優勝という刺激もあった。「この試合の後、食事の約束をしてます。お祝い? しないですよ。おごってもらいます(笑い)」。この調子ならお互いの祝勝会となる可能性もありそうだ。

最終更新:9/15(土) 13:13
東スポWeb