ここから本文です

iPhone XS/XS Max/XR、充電の仕様をチェック

9/15(土) 17:00配信

Impress Watch

 Appleから発表された「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」。歴代モデルとあわせて充電関連の仕様をチェックする。

【この記事に関する別の画像を見る】

 iPhoneのバッテリーに関する機能は年々進化している。ここでは各モデルのカタログスペックとして公開している「インターネット利用」の時間を表にしてみた。なお、機種によってはWi-FiとWi-Fiや4Gが分けて表記されているが、その場合はWi-Fiの数字を採用している。年々、省電力化とバッテリーの大型化により、利用時間が延びているのがわかる。

 また、充電方法を見ると、iPhone 8世代からQi規格の非接触充電に対応するとともに、「30分で最大50%充電」を謳う、高速充電(専用充電器使用時のもので、規格詳細は不明)にも対応している。

 より古い世代を振り返ると、iPhone 4SまではiPodで採用されていたDockコネクタを採用していて、iPhone 5以降に現在と同じLightningコネクタとなっている。

ケータイ Watch,白根 雅彦

最終更新:9/15(土) 17:00
Impress Watch