ここから本文です

「電子書籍より紙の本を買ってもらえるとうれしい」――漫画編集者の意見に賛否 「出版のシステム自体に問題があるのでは」

9/15(土) 20:00配信

ねとらぼ

 「電子書籍より紙の本を買ってもらえるとうれしい」と主張する、編集者による漫画がTwitterで議論を呼んでいます。作者は『終末のワルキューレ』や『北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌』を担当している山中さん。個人的見解として、出版社の事情を伝えています。

【漫画:漫画は電子と紙どちらを買うべきか】

 ほとんどの漫画が紙と電子の両方で出版される昨今、山中さんはたまに読者から「紙と電子、どちらを買うほうが作家さんへの応援になりますか?」と聞かれることがあるそうです。山中さんの答えは「紙」で、理由は「紙が売れないと次巻の部数が減るから」というシンプルなものでした。

 その背景には、「単行本の刷り部数の決め方」がありました。当然ながら紙の本は売れないと赤字になるので、部数は売れ行きの予測から判断されます。2巻以降については前巻の販売数をみて決めるため、紙の売れ行きが悪いと部数を減らすことになるのだそうです。最悪、出しても採算がとれないと判断された場合は、連載が打ち切りになることも。

 一方、電子書籍はというと、在庫を持たなくて済むメリットがあるので、もし売れなくとも、紙のほうが売れていれば出し続けられるわけです。こうした事情から、山中さんは「買っていただけたら紙でも電子でもうれしい」としつつも、「特に3巻くらいまでは紙のほうが売れるとありがたい」と述べています。

 この漫画には、「紙の本を買って応援したい」「推しの作品は紙も電子も両方買う」と好意的な声が上がる一方、「電子書籍を軽視してはいないか」といった批判も多く寄せられました。「紙が売れないと次につながらないのは業界のシステムに問題があるのでは」という、厳しい指摘も。ほかにも、「紙の売上だけを見て売れてないと判断されて打ち切られてしまったら、作者、出版社、読者、誰も得しない」「電子書籍の売り上げも勘案するよう評価システムを変えればいいだけ」など、さまざまな意見が寄せられています。

 批判を受けて、山中さんは「電子書籍の売上を軽視しているわけではない。『時代に逆行して紙の本を買おう』といった意図はない」「あくまでも『どちらを買ったほうが作家さんへの応援になりますか?』という質問への個人的な回答」と説明。また、「紙のほうが売れないからといって、電子版が売れていても作品が打ち切りになることはない」と、漫画の内容を補足しています。

 物議を醸した漫画は先輩の目にも留まり、山中さんは「あの言い方はよくない。あと勉強不足」と注意されたそうです。そして、その出来事を後日談として漫画化し公開しています。

 電子書籍部門にいる先輩は、「漫画が紙しかなかった時代には連載が終わっていたかもしれない作品が、電子版があるおかげで続けられる場合もある」「電子版から火が点いてヒットする作品もよくある」と、山中さんの漫画の問題点を次々と指摘。そして、「連載を続けるかどうかの指標は売上だけでなく、作品の将来性や社会的意義など、いろいろな要素がからんでくる」と説いています。

 最後に「俺たちが扱っているのはただの商品じゃない、『作品』なんだ。相手にしているのはただのお客さんじゃない、『読者』なんだよ。それを忘れるな」と説き、先輩は去っていきました。山中さんは一連の出来事を省みて、件の漫画に不適切な内容があったと、あらためて謝罪しています。

ねとらぼ

最終更新:9/15(土) 20:00
ねとらぼ