ここから本文です

大谷 来季打者専念なら35発&99打点?今季の成績基に算出

9/15(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇ア・リーグ エンゼルス2―8マリナーズ(2018年9月13日 アナハイム)

 エンゼルス・大谷が来季は打者専念しフルシーズン活躍すると、今年の数字を基に米データサイト「ベースボール・レファレンス」の算出では560打席に立ち、493打数145安打の打率.294。35本塁打、99打点となる。DH専任で敵地でのインターリーグでは代打出場のため、打席数は他のレギュラーより減るが、日本選手最多となる04年松井秀喜(ヤンキース)の31本塁打を越える。

 またソーシア監督が予想した「24試合先発、350打席」で今年の数字を基に成績を出すと、22本塁打62打点で、投手は10勝5敗。1918年のルース以来となる「10勝&10本塁打」が可能で、ルースもできなかった「10勝&20本塁打」にも届く。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(水) 13:50