ここから本文です

炎天下も冬もディーゼル72両を手洗い JR徳島運転所

9/15(土) 15:47配信

朝日新聞デジタル

 JR徳島駅のそばにある徳島運転所(徳島市寺島本町西1丁目)では、配置されているディーゼル車両72両の洗車が今も手作業で行われている。JR四国によると、四国に4カ所ある運転所では唯一。全国の車両基地でも今では珍しい存在だという。

【写真】側面のガラス窓を丁寧に。汚れのひどい部分を集中的に洗えるのは手作業ならでは=徳島市寺島本町西1丁目、坪内政美氏撮影

 レールの両側を駅のプラットホームのような台で囲んだ洗車場所に、車両がゆっくりと入ってきた。洗車は1両ずつ。エプロン姿のジェイアール四国メンテナンス徳島支店の職員が2人一組で、ブラシを使って作業を始めた。

 まずは、運転台のある前面。ブラシで洗剤を塗り、水で洗い流すのは食器洗いと同じ。違うのは職員が持つ長いブラシ。約2メートルの物干しざおにブラシとホースを固定した同運転所オリジナルの道具だ。「高いところを洗うのには欠かせません」

朝日新聞社

あわせて読みたい