ここから本文です

上方落語協会新会長・仁智 就任後、繁昌亭休館相次ぎ「心でおはらい」

9/15(土) 11:41配信

デイリースポーツ

 桂文枝から引き継ぎ、上方落語協会会長に就任した笑福亭仁智(66)が15日、大阪の寄席・天満天神繁昌亭の開設12周年記念式典であいさつに立ち、新会長の苦労を振り返った。

 就任が6月1日。その後18日に大阪北部地震が起き、繁昌亭は初の休館となった。さらに「7月には大雨で楽屋が水漏れ。9月も台風で休館。前会長のたたりかと思い、心でおはらいをしています」と、相次ぐ休館への対応に四苦八苦した様子を軽妙に表現した。

 それでも、開設からの累計来場者数は8月末時点で165万9810人と好調。「皆さまのますますのご支援で、20、30周年と続けていけるよう、よろしくお願い申し上げます」と頭を下げた。

 同副会長・桂米團治(59)は「12年前、私は小米朝と申しました。あれから12年。12月20日に還暦を迎えます。会長とタッグを組んで、大いに盛り上げていきたい」と意気込んでいた。