ここから本文です

阪神・北條は「左肩亜脱臼」で登録抹消 森越が昇格 今季は好成績も…チームにも痛恨

9/15(土) 13:59配信

デイリースポーツ

 阪神の北條史也内野手(24)が15日、「左肩の亜脱臼」で1軍の登録選手を抹消となった。最長で10試合連続安打を放つなど、存在感を見せていた若虎の離脱。全力プレーの結果とはいえ、痛恨の負傷となった。

 前日14日のヤクルト戦(甲子園)で、三遊間への打球に飛びついた際に左肩を痛めた。左肩を押さえ顔をゆがめると、起き上がることもできず、担架で運ばれた。

 負傷交代から一夜明け、この日の午前中には大阪市内の病院で「左肩の亜脱臼」と診断された。

 今季はここまで62試合に出場し、打率・322と好成績を残していた。また得点圏打率も・396を残し、勝負強い打撃も光っていた。久慈内野守備走塁コーチも「去年の悔しさを知っているし、それを乗り越えようと今年は必死さも見えていただけに残念」と話した。

 この日の同戦では、「2番・遊撃」として植田が先発出場。1軍へは、代わって森越が昇格となった。

スポーツナビ 野球情報