ここから本文です

「3D彼女」中条あやみらが絵しりとりに挑戦、那波マオへの感謝も

9/15(土) 20:20配信

コミックナタリー

那波マオ原作による実写映画「3D彼女 リアルガール」の公開記念舞台挨拶が、本日9月15日に東京・新宿ピカデリーで行われた。

【写真】左から中条あやみ、佐野勇斗。(メディアギャラリー他17件)

舞台挨拶には五十嵐色葉役の中条あやみ、筒井光役の佐野勇斗(M!LK)、高梨ミツヤ役の清水尋也、石野ありさ役の恒松祐里、綾戸純恵役の上白石萌歌、伊東悠人役のゆうたろう、筒井紀江役の濱田マリ、筒井充役の竹内力、英勉監督が登壇。壇上に上がり開口一番、映画の感想を問いかけた中条に観客から拍手が送られると、「ありがとうございます。今日は皆さんに会えて本当にうれしいです」と挨拶する。佐野は「この作品が本当に大好き。ぜひ皆さんにどんどん宣伝していただければ」と呼びかけた。

本日のイベントでは撮影の合間にキャスト陣の間で盛り上がったという、絵しりとりをするコーナーも。同作に登場する筒井が愛してやまないアニメキャラ・えぞみちから始まり、ゆうたろうが次の絵を描くことに。するとゆうたろうは「ち」ではなく「み」から始まる「みかん」を描いてしまい、2人目でしりとりが終了。急いで描き直すもフリップには「みかづき」の絵が描かれており、しりとりとして成立しなくなってしまう。

その後も絵しりとりが続けられ、3人目の恒松は「みかづき」の「き」から始まる絵として人間が2人向き合う絵を描いて「キス」を表現。しかし佐野はこれを「チュウ」と勘違いしてしまい、「牛」でしりとりをつなげる。続く中条は「しいたけ」を描くが、清水はこれを「きのこ」と誤解してしまう。こうしてしりとりは続いていき、濱田から「トング」でバトンをつなげられた竹内は「トング」を「ヘッドフォン」だと誤認識し、「うんこ」が描かれたフリップを掲げる。竹内はフリップに描かれた「うんこ」について、「ヘッドフォン? ンンンんんんんん、うんこ!」と強引に説明した。

最後に中条は「たくさん愛情を込めて作った作品で、こうやってみんなと舞台挨拶に立てるのもあと少ししかないのかなと思うと寂しいです」と名残惜しそうな表情を見せながら、「那波さんがこの作品を描いてくれたからこそ、私たちがここに立てているんだと思います。那波さんに感謝しています」と謝辞。さらに中条は「そしてもう1人、ありがとうって言いたい人がいます!」と、キャスト陣と目を見合わせる。そして中条の「せーの」の掛け声でキャスト陣が「監督! ありがとう!」と声を合わせ、英監督への感謝を伝えた。

(c)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (c)那波マオ/講談社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ