ここから本文です

阪神が初回に先制 先頭・糸原の二塁打を足がかりに

9/15(土) 14:20配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(15日、甲子園球場)

 阪神が初回に流れるような攻撃で5試合ぶりに先制点を奪った。

 ヤクルトの先発・山中の立ち上がりを攻めた。先頭の糸原が右中間への二塁打でチャンスメークすると、植田が送って1死三塁。ここで大山が遊ゴロをを放ち、その間に三塁走者が生還した。直近4試合で全て先制を許していたが、まずは悪い流れを断ち切った。

 さらに4番の糸井が右前打で出塁し、盗塁も決めたが、陽川は倒れて追加点はならなかった。