ここから本文です

吾妻山、噴火警戒レベル2に=火口周辺規制―気象庁

9/15(土) 14:50配信

時事通信

 気象庁は15日、福島、山形両県にまたがる吾妻山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げたと発表した。

 小規模な噴火の可能性があるとして、大穴火口から約1.5キロの範囲で警戒を呼び掛けている。

 同庁によると、吾妻山では15日朝、火山性微動が発生。火口の東南東約1キロにある傾斜計でも変動が観測された。 

最終更新:9/15(土) 14:54
時事通信