ここから本文です

中国高速鉄道、香港へ=23日に全線開通

9/15(土) 15:36配信

時事通信

 【香港時事】香港と中国南部・広東省広州市を結ぶ高速鉄道が23日に全線開通する。

 中国全土の主要都市をつなぐ高速鉄道網に香港も加わり、利便性の向上が期待される一方、中国の影響力拡大を懸念する声も地元でくすぶっている。

 広州市から深セン市を経て香港に至る「広深港高速鉄道」は全長142キロ。本土側の広州―深セン間は既に開業し、残る深セン―香港間は4月から試験運転が行われてきた。

 香港域内は最高時速200キロ、本土内は300キロで走行。広州―香港間は従来の約2時間から47分に短縮される。運賃は最も安い2等席で247香港ドル(約3500円)。広州の広州南駅などで2万5000キロを超える本土の高速鉄道網に接続しており、乗り換えなしに北京や上海へ行ける。香港―北京の直通便は所要約9時間。 

最終更新:9/15(土) 15:36
時事通信