ここから本文です

<プロ野球>西武、ソフトバンクに快勝

9/15(土) 19:50配信

毎日新聞

 ○西武11-5ソフトバンク●(メットライフ・15日)

 西武は一回に栗山の2点二塁打などで先行。五回は浅村、山川の連続本塁打で突き放した。山川は八回にも2ランを放ち、パ・リーグ7年ぶりの40号到達。郭が六回途中3失点で初勝利。ソフトバンクは千賀が自己ワーストタイの7失点と崩れた。

 西武・辻監督 初回に3点取れたことが大きい。好機をもらい、栗山がしっかり適時打を打ってくれた。(大一番で今季初勝利を挙げた郭は)この経験が大きな財産になる。

 ソフトバンク・工藤監督 (千賀は)自分のリズムで最後まで投げられなかった。上林も川島もいい本塁打だった。次につながる。

 ◇1イニング4奪三振=プロ野球タイ

 ソフトバンクの千賀滉大投手(25)が15日の西武戦(メットライフドーム)の一回に記録(振り逃げを含む)。千賀は2013年4月の楽天戦でも記録しており、2度目の達成は史上初。プロ野球全体では7月にオリックスのディクソンがソフトバンク戦で記録して以来で、過去23人が達成。

 ★西武・松井が登録抹消

 西武の松井稼頭央外野手(42)が15日、今季初めて出場選手登録を抹消された。松井は今季、テクニカルコーチ兼任で楽天から復帰。今後も1軍に同行し、これまで通り練習も続ける。

最終更新:9/15(土) 21:37
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報