ここから本文です

<J1>名古屋連勝7でストップ ミスが失点に直結

9/15(土) 22:43配信

毎日新聞

 ○長崎4-3名古屋●(パロ瑞穂・15日)

 試合終了間際に1点差まで迫った名古屋だったが、ミスが失点に直結し、連勝は7で止まった。

 長崎のカウンターに終始流れをつかめなかった。1失点目は守備の足並みがそろわず、中央からスルーパスを通された。前半30分に前田が左サイドから切れ込んで1点を返したが、「試合にフワッとしたまま入ってしまった。僕が(ボールを)取られての失点もあった」と前田。早めの動き出しでボールを受けてジョーのスペースを作り、長崎の引き気味の守備を一度は崩したが、後半は決め手を欠いた。

 中盤での献身的な動きで攻守の要となっていたガブリエルシャビエルが負傷のために欠場。そのため、ボールを奪われてからの動き出しの速さで、長崎に分があった。後半のPKを除く2失点は、カウンターで右からのクロスを上げられた。

 下位の長崎に不覚をとった名古屋。まずは次節の川崎との対戦で、チームの真価が問われる。【梶原遊】

最終更新:9/15(土) 22:43
毎日新聞

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合