ここから本文です

楢崎智、連覇ならず=藤井ら3選手が決勝へ―世界クライミング

9/15(土) 23:04配信

時事通信

 【インスブルック(オーストリア)時事】スポーツクライミングの世界選手権第9日は15日、オーストリアのインスブルックで男子ボルダリング準決勝が行われ、日本勢は2016年前回大会覇者の楢崎智亜(TEAM au)が7位にとどまり、上位6人による決勝に進めなかった。藤井快(TEAM au)が1位、原田海(神奈川大)は4位、渡部桂太(住友電装)は5位で突破した。

 準決勝は4課題全てを完登する選手が続く中、楢崎智は第3課題をクリアできなかった。 

最終更新:9/15(土) 23:09
時事通信