ここから本文です

過去の“パワハラ騒動”で三宅会長が謝罪…ウエイトリフティング協会が理事会

9/15(土) 18:39配信

スポーツ報知

 日本ウエイトリフティング協会は15日、都内で理事会を開き、同協会の三宅義行会長兼女子日本代表監督(72)について報道されている過去のパワハラの疑いに関して協議した。三宅会長は過去に女子の元トップ選手の指導方針を巡って、そのコーチが訴え出ており、15年8月に三宅氏や、選手のコーチなどが協議を行った事実が明らかになっている。

【写真】三宅宏実の笑顔がかわいい

 三宅会長は、理事会後に行われた協会の会見冒頭に報道陣の前に現れ、「この度の私に対する度重なる報道で皆様方にご迷惑とご心配をかけ、まことに申し訳なく思います。この点については今後、本協会のコンプライアンス委員会に調査を委ねており、調査を待つ所存です。どのような結果であれ、私はその結果に従うつもりです。きょうの会見は菊地副会長、小宮山専務理事、池永監事に託しておりまして、ひとことお詫びを申し上げ、当事者であります関係上、退席させていただきます」と騒動に対して謝罪した。

最終更新:9/15(土) 19:24
スポーツ報知