ここから本文です

『カメラを止めるな!』出演・真魚、フリーの女優に大手ワタナベエンターテインメントから所属オファー舞い込む

9/15(土) 14:26配信

デビュー

 観客動員数140万人を突破するなど国内外で高い評価を受け、社会現象を巻き起こしている映画『カメラを止めるな!』で、主人公の映像監督・日暮隆之の娘・真央役で出演しいる女優・真魚(まお)が、芸能プロダクション「ワタナベエンターテインメント」に所属することが発表された。

【写真】ワタナベエンターテインメントに所属する真魚。

 日暮真央は劇中、突拍子もない発想や深い知識、機転で、父親に降りかかる困難を度々救う姿が観客の目を引き付けた。真央を演じた27歳の女優・真魚が、実はフリーランスで活動しているという情報が業界に知れ渡ると、数十社の芸能事務所からのスカウトと、出演作のオファーが殺到。そんななか、業界最大手といえるワタナベエンターテインメントに所属が決定した。

 ワタナベエンターテインメントは俳優、女優、お笑い芸人のほか、Little Glee Monsterなどのミュージシャンや、林修・加藤一二三など幅広い分野で活躍する文化人・著名人のマネジメントも行う総合プロダクション。一方でテレビ番組や舞台制作等も行っており、ジャンル問わず様々な作品への出演に意欲を見せる真魚の希望と合致した形だ。

 真魚は「この度、御縁がありまして、ワタナベエンターテインメントに所属する事になりました。これからも一つ一つのチャンスを大事に、挑戦する心を持ち続け、感謝の気持ちを忘れずに、役者として日々精進してまいります」と所属決定にあたっての挨拶。

 そして「具体的な夢と目標をお伝えさせていただくと、『カメラを止めるな!』の日暮真央の印象が強いと思いますので、今後は真逆の役をやってみたいです。また、『スワロウテイル』を観て役者になろうと決めたので、岩井俊二監督の作品に出たいです。これからもよろしくお願いいたします」と抱負を語った。

 フリーランスの女優が、『カメラを止めるな!』一作で芸能界のど真ん中に飛び込むチャンスを掴んだ、まさにジャパニーズドリームと言える話。しかし、スタートはここから、また女優として別の顔を見せ、活躍してくれることを楽しみにしたい。

■真魚(まお)
生年月日:1991年8月5日(27歳)出身地:愛知県豊橋市
映画『カメラを止めるな!』日暮真央役で出演

最終更新:9/15(土) 14:27
デビュー