ここから本文です

米国立公文書局訪問中の立民・枝野代表「公文書管理庁の設置を」

9/15(土) 9:59配信

産経新聞

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の立憲民主党の枝野幸男代表は14日、ワシントンで記者会見し、学校法人「森友学園」をめぐる財務省の決裁文書改(かい)竄(ざん)など公文書管理をめぐる問題を踏まえ、「公文書保管・管理庁」といった独立性の高い行政機関が必要になるとの認識を示した。

 枝野氏は国立公文書記録管理局(NARA)を訪ね、米国の公文書管理のあり方を視察したのを受け、「日本でも公文書のあり方が大きな政治問題になっている。(公文書管理の)権限、機能を大幅に拡大しなければ民主主義国家として恥ずかしい」と述べた。

最終更新:9/15(土) 9:59
産経新聞