ここから本文です

つくばでeスポーツプレ大会開催 「本物のW杯の興奮」と大井川茨城県知事

9/15(土) 18:36配信

産経新聞

 茨城県は15日、来年秋の茨城国体で文化プログラムとして開催予定の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」に先駆けた茨城プレ大会を、つくば国際会議場(同県つくば市竹園)で開催した。

 eスポーツはコンピューターゲームの腕前を競うもので、この日は人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン2019」を使った対戦が行われた。高校生対象の少年の部から16チーム、年齢制限なしのオープンの部から25チームが参加。少年の部では「フィーヴァー」が、オープンの部では「鹿麗會」が激戦を制した。

 大会を終えて大井川和彦茨城県知事は「決勝戦は本物のワールドカップを見ているかのような興奮を覚えた。来年の茨城国体に向けて、eスポーツを一層盛り上げていきたい」と語った。

最終更新:9/15(土) 18:36
産経新聞