ここから本文です

トロロッソ・ホンダ勢は14位&17位 フェテル最速 フリー走行3回目/シンガポールGP

9/15(土) 20:15配信

サンケイスポーツ

 F1世界選手権第15戦シンガポールGPフリー走行3回目(15日、マリーナベイ・サーキット)トロロッソ・ホンダ勢は、来季レッドブルに昇格するピエール・ガスリー(22)=フランス=が1分40秒686で14位、ブレンドン・ハートレー(28)=ニュージーランド=が1分41秒562で17位だった。

 前日のフリー走行1、2回目はタイムが伸びず苦しいスタートを切ったトロロッソ勢。予選前の最後のセッションでガスリーが、ハイパーソフトのタイヤを履いた2回目のアタックでトップから2秒632差の14番手。ハートレーは3秒508差の17番手だった。

 8番手のフォースインディアのエステバン・オコン(21)=フランス=まではタイムが詰まっており、中団勢は大混戦となっている。

 フェラーリのセバスチャン・フェテル(31)=ドイツ=が1分38秒054でトップタイムをマーク。来季ザウバーに18年ぶりに復帰するキミ・ライコネン(38)=フィンランド=が2位に入り、フェラーリが上位を独占した。総合王座争いで首位に立つメルセデスのルイス・ハミルトン(33)=英国=が3位だった。