ここから本文です

【前走後の談話】日曜中山11R・ラジオ日本賞

9/15(土) 20:40配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アルタイル「徐々に良くなってきているみたいだけど、まだ本調子ではない。もっと走れていい馬だし、次にまた期待する」(田中勝騎手)

 ◇アングライフェン「4コーナーで内から差を詰めていったが、ヨーイドンの競馬で最後は前の馬と同じ脚しか使えなかった」(北村友騎手)

 ◇クインズサターン「いつもより前のポジションでロスなく運べた。競馬としては最高の形だったが…」(四位洋騎手)

 ◇ゴールデンバローズ「疲れている感じはなかったが、暑さの影響なのかレースでの反応がもうひとつだった」(石橋脩騎手)

 ◇ヒラボクラターシュ「イメージ通りの競馬ができたが、最後に差し返されてしまった。残念」(福永祐騎手)

 ◇マイネルオフィール「最初の芝がどうかと思っていたけど、いい位置を取れた。ただ、勝負どころで、ちょっといい感じで行きすぎたかな」(和田竜騎手)

 ◇ラテンロック「ついていくのも年齢的に難しくなっているが、それでも最後まで自分の脚を使っている。よく頑張っている」(川田将騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ