ここから本文です

【前走後の談話】日曜阪神9R・夙川特別

9/15(土) 21:00配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アルーアキャロル「この距離の流れにも思った以上に対応して追走することができた。初めて乗ったが、久々でこの内容なのだから力が上だと思うし、次はさらにやれそう」(津村明騎手)

 ◇クリノシャンボール「以前のようながむしゃらすぎるところがなくなり、息を入れるポイントも理解している。いい方に向いていると思う」(鮫島駿騎手)

 ◇ソーディヴァイン「ハナへ行くつもりをしていたけど、前が速くてあのポジション(中団)からになった。それでも、上手に回ってきてくれたが、最後は伸びかけて止まったような感じがする」(戸崎圭騎手)

 ◇タガノアム「ポジションにはこだわらず、馬のリズム重視で運んだ。いい決め手があるし、これからが楽しみ」(岡田祥騎手)

 ◇タテヤマ「スタートが良く、いいポジションでレースを進めることができた。少しもまれてしまう形になったが、しっかりと抜け出して力強いレースをしてくれた。馬場にもよるが、今日は砂をかぶる形でも平気だった。クラスが上がっても楽しみ」(松山弘騎手)

 ◇ハニージェイド「久々で体重が増えていたので、その辺はまだ良くなりそうな感じがある。レースは内枠だったが、ペースが遅く、馬なりでついていけた。これを使って良くなると思う」(内田博騎手)

 ◇ボーサンシー「抜群のスタートではなかったが、いい形になった。道中もいいリズムで運べた。状態も良く、いいときに乗せてもらった」(北村友騎手)

 ◇メイショウミライ「ゲート内でうるさくて、おそらくそこで落鉄していたと思う。今日はタイムが速かったこともあるし、年長馬相手にもう少しもまれてからだろう」(和田竜騎手)

 ◇ロングベスト「外枠だったので、押していつもより前めの競馬を意識して運んだ。最後までしっかりと伸びてくれたし、1000メートルは合う」(幸英騎手)

 ◇ワンダープラヤアン「馬の具合も良かったし、3コーナーまではついていくことができたけど…。今日は(落馬の)不利がすべて」(高倉稜騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ