ここから本文です

メガ盛りメニュー販売 15日から浄土平レストハウス

9/15(土) 11:36配信

福島民報

 福島市の県浄土平レストハウスは十五日から十月五日まで、レストハウス内にあるレストラン「サペレ吾妻」で人気メニュー四品を特別に大盛りにする「メガ盛り」で販売する。浄土平に通じる磐梯吾妻スカイラインの一部は台風13号の影響で八月九日から通行止めとなっていたが、二十二日に再開通する。
 スカイラインは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後の観光振興に貢献している。関係者は秋の行楽シーズンに食関連の企画を繰り広げ、さらなる誘客につなげたいと期待している。
 四品はソースかつ丼(消費税込み千八百円)とカツカレー(同千八百円)、会津山塩ラーメン(同八百円)、しょうゆラーメン(同八百円)。ソースかつ丼とカツカレーは三人前で、二種類のラーメンはチャーシューが大量に盛られている。いずれのメニューも県産肉を使用している。
 期間中の土、日曜日と祝日には、限定十食だったローストビーフ丼(同千八百円)が限定三十食になる。
 レストランの営業時間は午前十一時から午後三時半まで。二十一日までは土湯峠側のスカイラインから浄土平に通行できる。
 問い合わせは県浄土平レストハウス 電話0242(64)2100へ。

 レストハウスの中村裕香支配人と阿崎敏幸販売促進課長は十四日、メガ盛りカツカレーを持参して福島民報社を訪れ、PRした。

福島民報社

最終更新:9/15(土) 12:30
福島民報