ここから本文です

新型「iPhone」読めぬ需要に惑うサプライヤー

9/15(土) 9:23配信

ニュースイッチ

「『X』はだめだと言われながら、最近はまた復活している」

 米アップルが発表したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の最新モデルは、2機種に有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)を採用するなど、大型・高機能化が一層進んだのが特徴だ。ただ、近年は中国メーカーが猛追しており、競争環境はますます激化している。

 アイフォーンには日本のサプライヤーが多くの部材・パーツを供給している。ただ、今回の新機種には特に目新しい搭載機能がなく、事前の期待値を大きく超えるものではなかった。このため、新機種の投入効果を素直に期待できるのか複雑な状況だ。

 村田製作所は、スマホに必要不可欠な電子部品「積層セラミックコンデンサー(MLCC)」の増産投資を加速している。電装化が進む車向けの需要も急激に高まり、工場は現状、「フルフルの稼働」(竹村善人取締役)。車載向けにかじを切る企業が多い中、スマホと車載の両市場をターゲットにMLCCの増産で、19年度末までに1000億円程度を投じる方針だ。

 ただ、新型アイフォーンに対する部品メーカーの期待感は複雑だ。前モデルの「X」の販売が予想より振るわなかったからだ。ある電子部品メーカー幹部は「『X』向け製品の量産が一時、停止した」と打ち明ける。

 工場も実質的に操業停止になったという。ただ、「X」の不調が異常だったとし、「この冬以降はそんなに悪くはないだろう」と楽観視する。

 別のメーカー幹部は、新型アイフォーンが業績に与える影響について、「正直不透明な部分がある」とした上で、「『X』はだめだと言われながら、最近はまた復活している」と指摘し、需要見通しが難しいことを吐露する。

 一方、ディスプレーの供給業者も変更があった模様だ。「X」はサムスンが独占供給していたが、今回韓国LGディスプレーも加わった。

 有機ELパネルは「X」の部品の中では最も高く、原価の約4分の1程度を占める。アップルは調達先を増やすことでサムスン依存を減らし、価格交渉を有利に進める体制を整えた。

 アップルのみならずファーウェイやソニーもスマホでの有機ELシフトを敷く。LGはソニーにもパネルを供給すると見られている。有機ELパネルは価格面でも機能面でも核になる部品だけに、サプライヤー間の競争が今後も激しくなりそうだ。

1/2ページ

最終更新:9/15(土) 9:23
ニュースイッチ

あなたにおすすめの記事