ここから本文です

海自艦「あたご」弾道ミサイル迎撃試験に成功 実際に撃ち落とせること以上の意義とは

9/15(土) 6:20配信

乗りものニュース

日本を守る「BMD」とは?

 自衛隊が、西日本での台風や北海道での地震による被害と連日戦っていることは報道などによってご存知の方も多いでしょう。しかしその一方で、日本時間の2018年9月12日(水)午後5時37分、日本から遠く離れた太平洋上、ハワイ沖合において海上自衛隊の護衛艦「あたご」も、日本の将来にとって重要な戦いに挑んでいました。それが、BMD(弾道ミサイル防衛)能力を確認するための模擬弾道ミサイル標的迎撃試験です。

【写真】護衛艦「あたご」のCIC(戦闘指揮所)

 結果は、見事に迎撃成功でした。これにより、日本は弾道ミサイルの脅威に対してより一層確実に対抗していくことができるようになるのみならず、それ以上の意義を見出すことができたと言えます。

 そもそもBMDとは、自国に迫りくる弾道ミサイルを撃ち落とす仕組みのことで、おおまかには、弾道ミサイルの発射や飛翔を探知、追跡するために宇宙や地上に配備されたレーダーなどのセンサーと、海上や地上に配備される迎撃システムによって構成されています。

 日本の場合、各地に設置されている航空自衛隊のレーダーサイトがセンサーとなり、海上に配備されるイージス艦と地上に配備されるPAC-3が迎撃システムとなります。また、これにアメリカ軍が保有する衛星やレーダー、さらに横須賀などに配備されているイージス艦も加わって、日本に迫りくる弾道ミサイルを迎撃する態勢が敷かれています。

 このなかでも、海上に配備されるイージス艦はBMDにとって非常に重要な存在です。イージス艦は、搭載する高性能なレーダーによって弾道ミサイルを非常に遠距離から探知することができ、また、弾道ミサイルを迎撃するために搭載されているミサイルであるSM-3の1000km以上という長大な射程によって、広大な範囲を防衛することができます。

「あたご」が挑んだ難関試験「JFTM-5」

 今回「あたご」が挑んだ試験、正確には「JFTM-5(Japan Flight Test Mission 5)」と呼ばれるこの試験は、発射された弾道ミサイルを「あたご」が探知、追跡してSM-3により迎撃するという一連のプロセスを実際に行うという内容です。

 ひとことに「弾道ミサイルを迎撃する」といっても、非常に速い速度で飛翔する小さな目標を正確に射抜くというのは、非常に難しいことです。それをあらわすように、BMDについては「ピストルの弾丸をピストルの弾丸で撃ち落とす」というたとえ方がなされます。より身近なものでいえば、「野球のピッチャーが投げた剛速球に同じく野球のボールを当てる」という風になるかもしれません。そして、それを実際に行うのが、今回行われた試験というわけです。

 この試験は、「あたご」が弾道ミサイルを追跡し、迎撃することができるというBMD能力を証明するための実証試験で、この試験に合格することによって、「あたご」は堂々とBMD能力を持ったといえるようになるわけです。

 それだけ難しい試験であるため、ぶっつけ本番というわけにはいきません。この試験に備えて、「あたご」の乗員は弾道ミサイルの探知や迎撃の流れを、実際の情況を模擬しながらイージス艦の内部で繰り返しシミュレーションします。そしてその結果、今回、見事弾道ミサイル標的の迎撃に成功したわけです。決してまぐれやたまたまということでも、ましてや試験内容が簡単だったというわけでもありません。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事