ここから本文です

ブガッティ、シロン派生モデルのDivoをワールドプレミア コーナリング性能を追求

9/15(土) 15:03配信

carview!

ブガッティは8月24日、米カリフォルニア州モントレーで開催されたザ・クエイル:モータースポーツ・ギャザリング において、シロンをベースに性能をさらに磨き上げた最新モデル「Divo(ディーヴォ)」を初披露した。

>>ブガッティ ディーヴォの写真をもっと見る<<

ヴェイロンの後継モデルとして2016年にデビューしたシロン。8リッターW16クワッドターボは最高出力1500psを発生し、最高速は420km/hと世界最速の性能を誇る。そのシロンをベースに、ブガッティが派生モデルとして送り出したのが「Divo」だ。

新たに手が入れられた性能アップのポイントは、軽量化およびダウンフォースの向上。とりわけ最大横加速度は1.6Gと、トップレベルを誇る。ダウンフォースについてはシロン比で90kg増加しており、車重は35kg軽く仕上がっているとのこと。

これらのチューンにより磨き上げられたのは、コーナリング性能。ブガッティ・オートモビルズのステファン・ヴィンケルマンCEOによるとDivoが特に優れているのは最大横加速度と俊敏性、コーナリング性能。コーナーは得意中の得意と胸をはる。

また、サスペンションのセッティングもシロンから変更されており、伊ナルド・サーキットのラップタイムはシロンより8秒短縮しているとのこと。最高速度は380km/hとリミッター作動速度がシロンより低く制限されているが、十分すぎる速度だろう。

なお価格は500万ユーロ(約6億4500万円)と非常に高額だが、限定販売台数の40台はすでに完売済みとのことだ。

最終更新:9/15(土) 15:03
carview!

あなたにおすすめの記事