ここから本文です

吉田麻也がUEFAチャンピオンズリーグとプレミアリーグを語る 「もともとジェラードのファンで…」【DAZNアンバサダー・インタビュー】

9/15(土) 15:00配信

GOAL

今年2月に新アンバサダーの就任を発表したDAZN(ダゾーン)。今シーズンから独占放映権を取得したUEFAチャンピオンズリーグの本大会開幕を間近に控え、現役で活躍するDAZNアンバサダーたちに大会の魅力や見どころなどを語ってもらった。インタビューの第2弾は、サウサンプトンに所属する吉田麻也だ。

これは“鬼カワ”!日産で見つけた日本代表女子サポがかわいかった【18枚】

2012年の夏にサウサンプトン入りした吉田は、今シーズンで同クラブ7年目。世界有数のアタッカーたちとピッチ上で相まみえた経験は、間違いなく日本代表にも還元されている。その吉田がUEFAチャンピオンズリーグの魅力や思い出、そしてプレミアリーグで共闘する武藤嘉紀(ニューカッスル)や岡崎慎司(レスター・シティ)らについて口にした。(聞き手:青山知雄)

――まず、UEFAチャンピオンズリーグについておうかがいします。この大会の魅力はどんなところにあると思いますか?

やはりヨーロッパのトレンド、サッカーのトレンド、最先端が凝縮されている大会で、毎年新しい戦術、新しいやり方が研究されています。そういう意味では、世界の最高峰を見ることができる、すごくいいコンテンツだと思いますね。ワールドカップは4年に一度ですけど、チャンピオンズリーグは毎年行われていますし、莫大なお金が動いて、いろいろなところで投資が行われている。大きな選手補強をして、ビッグクラブ同士が戦う世界最高峰の大会だと思います。

――選手としてもUEFAチャンピオンズリーグに出場することで価値が高まるのでしょうか。

もちろん多くの選手がそこを目指して頑張っていますし、実際に僕がプレーするサウサンプトンもチャンピオンズリーグ出場圏内の順位に食い込むこと(4位以内)は、イングランドでは非常に難しいです。ステップアップするために、上位クラブに移籍していく選手はたくさん見てきましたからね。

――これまでのUEFAチャンピオンズリーグで印象に残っている試合はありますか?

そうですね。たくさんありますけど、やはり2004-05シーズンにリヴァプールが優勝したときの“イスタンブールの奇跡(※注1)”はすごかったですね。もちろん運も味方したとは思いますけど、精神力であったり、全員が最後まで諦めずに信じ続けた結果が、あのようなドラマを生み出したんだと思います。
(※注1 ミランとファイナルで対戦したリヴァプールは前半だけで0-3とリードを許したが、後半の反撃で見事に追いつき、PK戦の末に栄冠を勝ち取った)

――その試合で覚えているシーンを挙げるとすると?

スティーブン・ジェラードの1点目は特に覚えています。もともとジェラードが好きだったこともあって、彼を中心に当時はサッカーを見ていたのでシビれました。

1/2ページ

最終更新:9/17(月) 17:18
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合