ここから本文です

飲みかけのウォッカからビーチサンダルまで、ハワイでの休暇の最終日に返品するコストコ会員

9/15(土) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

例外はあるものの、コストコの寛大な返品ポリシーのおかげで、会員はレシートがなくても、ほぼすべての商品をいつでも返品できる。

【関連画像】飲みかけのウォッカからビーチサンダルまで、ハワイでの休暇の最終日に返品するコストコ会員

クリスマスツリーを1月に返品したり、食べ終えて骨と脂だけになったステーキや空のワインボトルを返品するなど、同社の返品ポリシーを限界まで利用している会員がいることは今や公然の秘密。

少なくともハワイにある1店舗は、明らかに同社の返品ポリシーを最大限に利用する観光客のターゲットになっている。

4年前に引退してマウイ島での生活を始めた、コストコ会員歴30年以上のジェームズ・ゴールデネッツ(James Goldenetz)氏によると、明らかに休暇中に使ったと思われる商品を返品している観光客を見かけることは珍しくない。

同氏の最寄りのコストコはカフルイ空港の近くにあり、海沿いのホテルやコンドミニアムに向かう途中で、休暇中に使うアイテムを購入するには最適な場所と同氏は述べた。

使用済みのシュノーケル、半分飲んだウォッカ

ハワイはお金のかかる旅行先として知られている。必需品のほとんどは輸入品のため、価格も高い。パーソナル・ファイナンスサービスのMoneyRatesによると、ハワイの生活費はアメリカの平均よりも88%高い。

ゴールデネッツ氏は、おそらく休暇のためだけに購入したと思われるカヤックやシュノーケル、マスクといった明らかに使用済みのビーチスポーツ用品を返品する会員を数多く見かけたことがあると語った。

「もはや笑える」とゴールデネッツ氏。

これらの会員たちは、お金を節約するために返品しているのだろう。家の近くのコストコには、トロピカルな休暇に必要な道具が売っていないのかもしれない。

ゴールデネッツ氏は、使用したビーチサンダルから半分飲んだウォッカまで、観光客がありとあらゆるものを返品する場面を見たことがある語った。そして、会員たちはカヤックを400ドルで買い、1週間後に返品することで、レンタル料金を節約しているのだろうと述べた。

「こうした行為を禁止する法律があるべき」と同氏は付け加えた。

また同氏はコストコの店員は会員たちの意図に疑問を持っていないようだと語った。

「店員は笑顔で、仕事の一環として対応している」

1/2ページ

最終更新:9/15(土) 21:09
BUSINESS INSIDER JAPAN

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ