ここから本文です

自宅にいながらエスケープ! 旅情をそそる映画4選

9/15(土) 22:01配信

ELLE ONLINE

9月になって夏ムードもやや落ち着き、ノスタルジックな気分になる今日この頃。そこで、すでに夏休みを満喫した人にも、これから休みを取る人にも観て欲しい、旅に出た気にさせてくれる映画を厳選してご紹介。画面の前で、遠いあの地へ思いを馳せてみて。

『LIFE!/ライフ』(2013)

ベン・スティラーが監督&主演を務めたヒューマン・アドベンチャー。変わりばえのない日々を送る、雑誌『LIFE』の写真管理部に勤めるウォルター(スティラー)の唯一の趣味は、現実逃避して突飛な空想に浸ること。ある日、最終号の表紙を飾る重要な写真のネガがないことに気付いた彼は、カメラマン(ショーン・ペン)を探す旅に出る。グリーンランドやアイスランドなど、未知なる土地を巡って変化していく彼の姿は、きっと現代人の心に響くはず。

『旅するジーンズと16歳の夏』(2005)

生まれてからずっと一緒の仲良し4人組の少女ブリジット(ブレイク・ライブリー)、カルメン(アメリカ・フェレーラ)、ティビー(アンバー・タンブリン)、リーナ(アレクシス・ブレーデル)。ある日4人は古着屋で、全員にぴったりフィットする不思議なジーンズに出合う。初めて離ればなれの夏休みを過ごすことになった4人は、夏の間そのジーンズを全員で着回すことに決め、そしてそれぞれの夏休みが始まる……。甘酸っぱい青春にホロリ。2008年の続編もチェックして。

『セブン・イヤーズ・イン・チベット』(1997)

オーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーの自伝を映画化。1939年、世界的な登山家であるハラー(ブラッド・ピット)はヒマラヤを目指して旅立つが、第二次世界大戦のためインドで英国軍の捕虜となってしまう。脱獄し行き着いた先のチベットで若きダライ・ラマの教師となった彼は、魂を再発見する旅に出ることとなり、激動の7年を過ごす。ダライ・ラマの母親役を、ダライ・ラマの実妹ジェツン・ペマが演じている。

『イージー・ライダー』(1969)

ピーター・フォンダ&デニス・ホッパー主演の、映画史に残るロードムービー。マリファナの密輸で大金を得たキャプテン・アメリカ(フォンダ)とビリー(ホッパー)は、自由の国アメリカの真の姿を求め、バイクで旅に出る。自由を体現する彼らだったが、行く先々の土地で人々からの予期せぬ拒絶を体験することに……。待ち受けるエンディングに備えて。

最終更新:9/15(土) 22:01
ELLE ONLINE

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ