ここから本文です

バルサ、手薄のサイドバックにモンレアル獲得希望

9/15(土) 15:26配信

SPORT.es

現在、FCバルセロナは市場でジョルディ・アルバの信頼できる代役を探している。

リュカ・ディニュが今夏の市場でエヴァートンに移籍した後、バルサは左サイドバックのポジションを補強していない。
従って、議論の余地のないレギュラーであるジョルディ・アルバの代役候補は現時点でバルサBのフアン・ミランダとなっている。

モンレアル、エジルとエメリが問題を抱えている事を否定

イギリス紙『Mirror』によると、チーム・アスルグラナはアルバに休みを与えるために左サイドバックの選手の補強を考えているという。
そこで浮上しているのがナチョ・モンレアルの名前である。
このアーセナルのスペイン人はガナーズ(アーセナルの愛称)のレギュラーサイドバックであり、プレミアリーグで6シーズン目を戦う彼の経験値から安定性を期待できるだろう。

同紙によると、この状況を前にアーセナルの監督ウナイ・エメリはここまで最高のパフォーマンスを披露している選手の1人を手放す気はない事を明らかにしている。
「私は彼に非常に満足していると言う事ができる。彼は32歳だが、フィジカル面においても非常に素晴らしいレベルでプレーしている」
さらにエメリは今後の市場で彼がチームを去る事を阻止するために契約を更新する意向を持つ事も明かした。
「我々は彼がアーセナルにとどまるよう新たな契約を彼と結ぶ必要がある」

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:9/15(土) 15:26
SPORT.es

あなたにおすすめの記事