ここから本文です

桂文枝、新落語会にご老体を集めて安否確認

9/15(土) 16:00配信

Lmaga.jp

桂文枝、桂春団治、月亭八方、笑福亭松枝、桂きん枝が出演する落語会『五人噺の会』が10月5日、「よしもと祇園花月」(京都市東山区)で開催。主宰の桂文枝が9月13日、大阪市内で会見をおこなった。

【写真】創作落語「一銭にもならへん」とグチる桂文枝

5人の平均年齢は69.8歳。「八方さんは芸歴50周年で各地を回っているそうですが、春團治さんは四代目を襲名してから何をされているのか消息不明ですし、先日は桂きん枝さんが夜中に病院に搬送されたというニュースをネットで知ったこともあって・・・」と、『五人噺の会』が実は安否確認の場であると明かす文枝。

会は季節ごとに年4回開催を目標に、20回、30回と続けていきたいと話す。「ただ、1人欠けたら誰かを新しく入れるとは考えていません。『五人噺の会』でスタートして、『四人噺』、『三人噺』となるかも・・・」と笑いを誘った。

『五人噺の会』でのネタは当日のお楽しみだが、「春團治さん、松枝さんもいい噺を持っておられるので、5人で切磋琢磨して、上方落語をさらに盛り上げる力になれたら」と意気込みを語った。夜6時半開演。チケットは3000円、現在発売中。

取材・文・写真/岩本和子

最終更新:9/15(土) 16:00
Lmaga.jp