ここから本文です

【MLB】平野佳寿、“新守護神”の役割きっちり 1回1安打1四球無失点で今季2セーブ目

9/15(土) 12:55配信

Full-Count

前回登板では救援失敗も…しっかりと試合を締める

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が14日(日本時間15日)、敵地アストロズ戦に4番手で登板。9回の1イニングを1安打1四球無失点に抑え、今季2セーブ目を挙げた。ダイヤモンドバックスは4-2で勝利し、連敗を2で止めた。

【動画】平野佳寿、“王者”アストロズ相手に冷静な投球! 最後は三ゴロで締め2セーブ目をマーク!

 2点リードでマウンドに上がった平野。先頭ゴンザレスは追い込んでからスプリットをセンター前に運ばれ、続くマッキャンは四球で無死一、二塁のピンチを背負う。しかし、レディックは1ストライクからスプリットを打たせてニゴロ併殺打。2死三塁でデービスを打席に迎え、追い込んでからスプリットで三ゴロに仕留めた。

 平野は12日(同13日)の敵地ロッキーズ戦で痛恨の逆転サヨナラ2ランを浴びてセーブ失敗。今季3敗目を喫し、連続無失点は8試合、連続自責ゼロは11試合で途切れていた。しかし、この日はピンチを迎えながらしっかりと試合を締めて2セーブ目。“新守護神”として役目を果たした。

 13球を投げてストライクは9球。防御率は2.12となった。

Full-Count編集部

最終更新:9/15(土) 13:00
Full-Count

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ