ここから本文です

藤田菜七子が初の新馬勝ち 通算38勝目/新馬戦

9/15(土) 13:28配信

日刊スポーツ

<新馬戦>◇15日=中山◇ダート1200メートル◇2歳◇出走16頭

藤田菜七子騎手(21=根本)がJRA通算1083回目の騎乗で、初めて新馬勝ちを決めた。

ゴールドアリュール産駒の5番人気ハルサカエ(牝、大竹)の手綱を取り、好スタートを切るとハナに立ち、2着を首差振り切って逃げ切った。勝ち時計は1分12秒3。

藤田は「しまいがしっかりしていて、すごくいい内容でした。初めて新馬を勝つことができてうれしかったです」と喜んだ。

先週の中山では未勝利で4週連続Vを逃したが、この勝利でJRA通算38勝目。自身の持つJRA女性騎手最多勝記録を、さらに伸ばした。

最終更新:9/16(日) 3:24
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ